011-209-7220

お電話受付時間:10:00~20:00

ストレッチ

今回はストレッチについて発信していきます。 まず初めにストレッチの一般的な効果は ⓵筋緊張の緩和 ⓶関節可動域の改善 ⓷血液循環促進 などが挙げられます。筋肉痛や筋疲労を起こすと、筋肉の伸展力が低下し、関節可動域を狭くしてしまいます。また硬くなった筋肉は血液循環が悪くなってしまうため、筋肉に十分な酸素の供給が行われなくなったり、筋肉内の老廃物の除去が円滑にされなくなりさらに悪化して足をつってしまったりする可能性があります。 以上のことを防ぐためにも正しい知識の上、ストレッチをしてください。 ストレッチにも種類があり、静的ストレッチと動的ストレッチなどがあります。 静的ストレッチは最初にイメージするストレッチだと思います。止まった状態でゆっくり伸ばし数十秒キープしていくやり方です。 動的ストレッチは静的ストレッチに対して動きの中で行っていくストレッチです。スポーツ選手がウォーミングアップ時に関節の可動域を上げたり、動作の円滑化を高めるもので、運動前は静的ストレッチはパフォーマンスを下げてしまう可能性があるので動的ストレッチを推奨しています。 皆さんが最初にイメージした静的ストレッチも注意点があります。 生理的反応として伸張反射というものがあります。何かというと、急に筋肉が伸ばされると防御反応としてそれ以上伸ばされないように収縮させる反応(反射)があります。急に筋肉を伸ばすと筋線維を損傷してしまう危険性があるので、反動を付けずにゆっくりと伸ばし痛みのない範囲で約20秒~30秒保持してください。 ここまで書いたことを気にしながらストレッチもしてみてください。 みらい整骨院 旭岡